WOOCS 1.1.5.4
Menu

純粋なニュージーランド航空の科学

科学

周囲のPM2.5による世界中の死亡率について

大気中の微粒子物質であるPM2.5は、世界疾病負荷として世界的に広く認知されています。私たちの解析は、高分解能濃度データ&原因別統合曝露反応(IER)機能を使用しています。これは、2010年の世界の疾病負担研究で発表された、地域的・世界的な環境大気質の改善策を、PM2.5による死亡率の減少にどのようにつなげていくかという問題解決のために開発されたテクノロジーです。
概して、WHOの暫定ガイドラインの沿った積極的にPM2.5を緩和する世界的な取り組みを実施することにより、現在(およそ2010年現在)空気中のPM2.5による320万の死者の中でも、年々75000(23%)の人々が回避できることになります。

世界的なスケールの若年死亡率における、空気汚染のによる起因について

世界疾病負荷の分析については、疫学コーホート研究をベースにしています。直径2.5ミクロン以下の微粒子物質やオゾンの長期的な健康面に与える影響の大きさ等が若年死の原因ともなっています。大気汚染による若年死亡率を定めるのは難しくなってきており、特に空気の汚染率が探知されていない場所もありますし、様々な発生源による様々な粒子の毒性があり、レベル値も1から10までと幅広いです。都会と田舎という環境で、若年死亡率と汚染排出源の7つのカテゴリーの繋がりを調べるために、ここで私たちはグローバル大気化学モデルを使っているのです。2010年の世界の疾病負担研究に従って、私たちは外の大気汚染を算出し、主にアジアを中心とし世界中で毎年330万人の若者が亡くなっている、という結果になりました。

イギリス・ロンドンにおいて、交通機関から排出される空気汚染に短時間触れた際の、循環器呼吸器病の入院との関連性について。

調査結果では、排ガス以外の汚染物質よりも、短時間でも排ガスにさらされることの方が循環器呼吸器病の入院との関連性が高いことが指摘されました。排ガス以外の汚染物質が、たとえ体に悪影響を及ぼすような物質だとしてもです。ディーゼルエンジンが都市部におけるEC(元素状炭素)やBC(黒色炭素)の主要な成分となりますので、ディーゼル車の排ガスを規制することが、人々を健康被害から守ることにおいて非常に重要なこととなってきます。しかしディーゼル車だけでなく、ガソリン車から排出されるCO(一酸化炭素)に関しても、同様に厳しい規制がなされるべきであります。排気以外の汚染発生源についても、もちろん懸念はあります。しかし、表題の関連性をさらに解明していくためにも、都心密集地におけるより厳しい交通排ガス量の監視が今後も求められてきまます。